語りかけてくるアレ

ソーシャルゲームのホーム画面でキャラクターが自分に語りかけてくれるアレ、アレが羨ましくてしょうがない。私だって好きなキャラクターに笑顔で話しかけられたい。
アーチャークイーンに自分の村を守ってもらいたい一心でクラクラのTHレベル上げに励んでいる不埒な者からすれば、おかえりとか言ってもらってる人が羨ましくてたまらないのだ。

語りかけて欲しいあまりスクフェスをインストールしてみた。誰が私に話しかけてくれるのだろうか。ドキドキしてランクを上げていくがどうやらフェスの期間では無いようであまりガチャは引けそうに無かった。石を貯める作業に入るうちに思った。
何で音ゲーすんのにスタミナが要るの?リズムゲー名乗るの止めたら?そもそも誰のために石貯めてんの?知らん奴に挨拶なんかされたって嬉しくない!

始める前に分かるはずの結論にようやく至りアプリを消した。
嫉妬のあまり少し目的を見失っていた。そもそも自分に語りかけてくれるのが嬉しいのは何故かを探っていく事にした。

まずキャラクターが自分に語りかけてくれるのは何故か?声優がいるからだ。しかし長く続くだろうゲームのキャラクター全てに声優が付くのは難しい。更にアイドルゲー特有の季節に合わせたボイスを収録するには当てるキャラ数を限定していくしか無くなる。声を剥奪される存在が居るゲーム、平穏でない雰囲気を感じる。

そもそもアレは語りかけてくれているうちに入るのか?同じ言葉を誰にだって何回だって発している。選挙カーを思い出した、あれは主張だ。会話とはキャッチボールの形式になっていなければならない。
アプリを開く度に好きなキャラクターに主張される、さてどんな気持ちなのだろう。心臓の底に滓のような物が溜まっていく感覚を得た、羨ましくて仕方なかった筈なのに何かそれが侘びしい物のように思えてきてたのだ。酸っぱい葡萄とはこの事を言うのだろうか?

そもそも私にはアーチャークイーンがいる。アチャ子はマルチで村にやってきた他プレイヤーに対して攻撃をしてくれるだろう、それはアチャ子と私の間に結ばれたエリクサーでの買収契約という形だ。

私の居ないところで必死に私の村を防衛してくれて、帰ってきたらツンとして佇んでいるアチャ子。あー可愛い。防衛ログにしっかり頑張って守っている姿も記録されている。アチャ子にはAIが組み込まれており、敵の攻め方や村に設定されている位置によってその対応は様々だ。アチャ子は決められた言葉をこちらに向けることはない、いつだって寡黙だ。しかし臨機応変に対応するその姿はやはり

きゃわ!


きゃわ!:とは言ったがまだTH7なのでアチャ子は手に入っていない。これが世に言うエアプというやつなのだろう。