血液型占い

世に言う血液型占いとは生まれて持った血液型でその人の性格や人となりを判断するというものだ。

一文でこんなに人を不愉快にさせる文があるか?

もう語り尽くされてる話なので非合理性について言及するのは止めよう。日本人の血液型分布はA型は4割、O型は3割、B型は2割、AB型は1割となっている。
さてここで問題なのがB、AB型の迫害の酷さだ。確か順に真面目、リーダーシップがある、適当、変人だったか?7割で3割を虐める構図になっている。どうせ多勢に無勢で都合の良い方の噂を流布したのだろう。本当に下らない。

これは差別、迫害、いじめといった社会の縮図だ!!中学生くらいの時に私はファミレスで家族に訴えた。
ちなみに家族の血液型構成は私と父がB型、母と弟がO型だ。
私が血液型なに〜?と聞かれる度Bと答えるとあ〜〜〜怠け者ね〜〜〜ぽいぽい〜〜〜!と答える同級生、そんな不合理な占いに嫌気がさしていた。

すると父がこう言った。
「えー?僕は会社でB型って言ったら『真面目だからA型かと思ってました!』って言われたよー?」

沈黙する私。
そう、血液型占いというのは話のネタに過ぎない。そこからどう話を広げていくかの方が大切なのだ。結局最終的には普段の行いだけが評価される、B型なんて意外です!と言われる人物になる努力を私はしてきたか?その時運ばれてきたおろしハンバーグを見つめることしか、私はできなかった。


占い:占術とは古来から伝わる尊い学問だ。全く信用はしてないしもう詐欺師みたいなものじゃないか?とまで思っているが、その扱いもこの″科学″という宗教が世界に蔓延しているからなのだろう。カトリックの住む地球は少し前まで平らだった、私も″科学″の狂信者として占いは勿論他の思想を馬鹿にすることはできない。