おしゃれさん


おしゃれさんは物が被ることを気にする。同じアイテムを身につけるのはダサいんじゃないか?セールの物が被ったら目も当てられないのではと日々苛まれている(?)。
一方で流行りを大切にする。ひと昔前の物を身につけていると、おしゃれにお金をかけることを惜しんでいると思われると考えているのだろう。シンプルなコーデの中に潜むトレンドをこよなく愛する。

しかしこれは矛盾なのではないか。トレンド追求していけば皆と色が被り、個性を出していけば流行りを入れにくくなる。この二つを両立するのは難しい。
おしゃれというものを二元論で捉えること自体が愚かなのかもしれない。そこで私はファッション界における流行りというもの自体を懐疑する。

恐らくは骨格を超えるレベルの進化は望むべきではないと思う。逆に言えば骨格さえミスっていなければ女の子は化粧でかなりの進化を遂げられるだろう。
服もそれと同じで似合う体型というものがある。着物はくびれの少ない日本人にマッチして外国人は良さが消えてしまうというように、寸胴には寸胴に似合う服がある筈なのだ。モデルが何を着てても似合うのは当たり前なので、参考にしてはならない。

こういう意味で衣類のネット通販の普及は他のものに比べると遅れるのは必然である。鏡の前に立たなければ分からない事が多すぎるからだ。
おしゃれさんとは、自分に何が一番似合うかを日々追求する人のことだと私は思う。


余談:それにしてもネット通販のヨドバシはポイントの還元率が凄い。amazonなんかは値引きでその分還元している訳だが、周りの通販サイトはもっと焦って良いのではないかと思う所だ。